葬儀社の役割について考えてみました

%e8%91%ac%e5%84%80%e7%a4%be%e8%a7%a3%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84私たち葬儀社の立場としては、大切な方がお亡くなりになられてから、
葬儀のご依頼を受けるのが一般的です。

事前に相談をして、ある程度葬儀社を決めている方も増えてきていますが、
病院や施設で大切な方が亡くなられてから、葬儀社を探す方も多くいらっしゃいます。

後者の方は、どこに頼んだらよいのか、また葬儀社の人がどんな人なのか、
費用はどのくらいかかるのか、喪主はなにをしたらよいのかなど、
大切な方を亡くされたショックの中で、更に不安なことがたくさんあるかと
思います。

その結果、親身になって対応する葬儀社に頼むことが出来ればよいですが、
マニュアル的で融通の利かない葬儀社に頼んでしまうと、最後のお別れの時間で
ある葬儀が、すっきりしない形で終わる事もあるかもしれません。
私たちは、そのような後悔の残る葬儀にならないために、何が出来るのかを
考え、「この様なサービスが実現出来れば理想かな」と想っていることがあります。

それは、終末期のトータルサポートを実現させることです。
亡くなられてからの関わりではなく、地域の看護・介護の方達と連携し、
生前からの関わりをもっていくということです。
死というものは、悲しいことに誰にでも訪れます。
避けては通れぬことであるならば、生前から関わる中で信頼関係を築き、
万が一の際は、あなたに頼めば安心ねと思って頂けるような関わりあいを
持てれば、上記の様な不安や後悔はなくなっていくと思います。

葬儀社が生前から関わる事に関して、まだまだご理解が頂けない部分が
多くあるかと思います。

しかしながら葬儀社としての役割が、大切な方とのお別れの時間を
何の不安もなく、後悔のないようにすることのお手伝いであるならば、
万が一の際に、そのお手伝いをする人達の人柄や、葬儀の内容を知って
おくことは、悪いことではないものと思っております。

これからの高齢化社会の中で、終末期を安心して過ごしていくためには、
高齢者に関わるサービスを行う企業が、包括的に協力していくことが
理想と考えます。
葬儀社の役割とは、関わる全ての方達が安心してその時を迎えられる様な
サービスを実現させることではないでしょうか。

葬儀社の使命として、実現させていきたいと思います。


お遺影写真の選び方

葬儀を執り行う際に準備するものの一つに
お遺影写真があります。

葬儀の時はもちろん、その後の法要など
故人を偲ぶ際には必要となってくるお写真。490898

どの様な基準で選んだら良いのか、また、「こういう写真もあるんだ」という例も含めて、まとめていきます。

まず、お遺影写真にあまり適していない例

1.集合写真なので、お顔の写りが小さい

2.画質が良くない

3.写真屋さんで撮ったので、顔の大きさも画質も問題ないが、絹目のお写真

4.頭や体が途中で切れてしまっている

があげられます。

1.2に関しましては、やはり大きく引き伸ばすので
小さかったり、画質が悪いとぼやけが出てしまいます。

3に関しましては、絹目の線がはっきり出てしまうので
それを目立たなくするためにぼやけさせる事があります。
ワセリンなどを使って、絹目を目立たせなくすることもありますが、
なるべくなら絹目の写真は避けたいところです。

4に関しましては、切れ方によっては上手く修正出来ることもあれば、
出来上がりに違和感が出ることもあります。

お顔が大きく写っていて、画質が良いお写真があればと思うのですが、
なかなか見つからないことも多々あります。
次にこんな写真でも良いんだという例です。

1.ピースをしている554327

2.帽子を被っている

3.可愛がっていたペットとの2ショット

4.30代くらいの若い時の写真

5.タバコを吸っている姿

6.写真がないので肖像画

などが、過去の例であります。

近年は、家族葬の傾向にあるので、上記のような「その人らしさ」が出ている
お写真を選ぶ方も増えてきています。

最後538754に本当にお写真が無い時に使うもので免許の写真があります。

顔が小さいイメージですが、画質が良いので、出来上がりはそれほど「ぼやけ」が
でません。
ただ、無表情な事が多いので最後の手段になります。

以上、お遺影写真を選ぶ際の参考になればと思います。