お墓(墓地)選びについて2・・お墓を持たない供養いろいろ・・

ご遺骨を納めるためには、必ずお墓が必要!と思っていませんか?お墓をみてくれる継承者が いない、金銭的に厳しい、お墓に入るという概念がないなどの理由でお墓を持たない方が増え てきていますが、墓石はなくともご遺骨を納める方法はございます。また、故人を偲ぶものを 近くに置いておきたい・・・そんな願いを、ご遺骨の一部を入れる又は加工するなどの方法( 手元供養)で可能となっています。

【散骨】
ご遺骨を粉末化し海や山などに撒くことで、現在では節度ある葬送の行為であれば法に触れないとされています。しかし、遺骨を粉末化することが条件で、参加人数などにより費用も変わ
ってきます。また、ご遺骨が残らないため、親族と充分話し合っておく必要もありますね。

【樹木葬】
最近ブームになってきている葬法で、墓地の許可がある場所に遺骨を埋め、墓石の代わりに樹木を植えて墓標にします。
こちらは、自然に還ることが出来る、また継承を必要としないため核家族向きであるという理
由から、静かな人気を集めているそうです。
一坪タイプの個人樹木葬と、50cm四方の合同樹木葬があり、いずれも土に直接埋葬します。個 人の樹木が枯れてしまった場合はまた植えることができ(苗木代別)、場所によりますが35年間程管理してもらえるようです。

ep14_04

手元供養品 の数々

【手元供養】
上記方法ですと、ご遺骨が手元に残らないためやはり抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。
そこで、ご遺骨の一部を置物やペンダントに直接入れておくタイプのものや、粉砕してプレートや合成ダイヤモンドに加工するタイプのものがあります。後者では、指輪などをつくることが可能なため、故人を常に身近に感じることが出来るとして関心が高くなってきています。

【納骨堂】
ご遺骨を納めるための建物で、都市部や市街地近くにあるためご供養しやすいというメリットがあります。
しかし、立地面の理由から使用料が多少高額になる場合もございます。
32~35年ほどご遺骨のままで御安置可能で、その後合祀されます。
散骨や樹木葬ですとご遺骨が残りませんが、納骨堂でしたらその心配がありませんね。
もちろん、手元供養品を購入しなくても、骨壷を自宅に安置しておいてもかまいません。
ご遺骨はお墓へ、という概念は薄れてきているのです。
お墓を持つか否か、持たない場合でも、様ざまな葬法でご供養ができること・・・故人様を
偲ぶ形は人それぞれ違うこと・・・心のこもったご供養がなされていくことを私たちは願って
います。

ep14_02