ご存知ですか!?エンディングノート

ep21_01エンディングノートとは、人生の最終章を迎えるにあたりご自身の思いやご希望をご家族などに確実に伝えるためのノートです。考え方はいろいろあるようですが、自身の終末を前向きに考える事で、あれもやっておきたい、これもやっておきたい等、生きる希望を見出せるキッカケにもなるようです。

様々な使い方のあるエンディングノートですが、大きく分けて三つの使い方をご紹介させて頂きます。

(1)葬儀の希望を綴る
『葬儀を頼む葬儀社』
生前からお付き合いのある葬儀社があれば問題ないのですがほとんどの方は、知り合いに葬儀社はいないのではないでしょうか。自身の相談として、葬儀社を訪ねられる方もいらっしゃいますが、葬儀社のイベントがあれば参加するなど、気軽に接点を持つこともお勧めいたします。

『葬儀を行なう場所』
場所として候補にあがりますのが、公営施設・民間施設・自宅・自治会館などです。予算でえたり、お付き合いの範囲で考えたり・葬儀の規模で考えたりと様々ではありますが、その時の状況も考慮し、だいたいで決める程度でよろしいかと思います。

『葬儀の規模』
家族を中心に行なうか、一般の方にも通常通りにお知らせをするかを決めます。
遺族が交友関係を詳しくないということであれば、ある程度知らせてほしい人の
リストを作ることも大切でしょう。

他に、使って欲しい遺影写真や流して欲しい曲など、ご用意しても良いかもしれません。

(2)知らせて欲しい方のリストを作る
遺族の方が交友関係を把握していれば問題ないのですが、必ずしもそうとはかぎりません。友人・知人、会社関係、所属団体関係、ご近所さんなどリストにしておくことで、遺族も連絡を伝えやすくなります。

(3)遺言のこと
法的に有効な遺言証書をのこしておけば、ご自分の希望通りに財産を継承してもらえます。ただし、書き方には細かなルールがあります。法的に有効な遺言証書残す為には、公証人・司法書士・弁護士などの専門家に相談されることをお勧めいたします。
不動産・預貯金・株式など、後に骨肉の争いを招かない為にも必要不可欠と言えるでしょう。
ただ、気をつけなければならないのは、遺言書は(財産分与など)法的効力を持つが
エンディングノートは法的効力を持たないという点です。
ある程度の整理には使えますが、遺言書とはイコールではないことを頭に置いておきましょう。