家紋あれこれ

今回は家紋についての豆知識をご紹介いたします。
喪服やネクタイ、歌舞伎役者の舞台衣装や、仏具、墓石などに刻印されている『家紋』。
家系や血統、家柄、地位を表すために用いられてきた紋章で、単に紋所(もんどころ)や紋とも呼ばれています。日本だけで241種、5116紋以上もの家紋があるようです。

家紋は平安時代に貴族が家の目印として使用したのが始まりとみられており、戦国時代には敵味方の区別をするために急激に増えました。

『家紋』は代々受け継がれていくものですが、一部を除いて譲渡することが可能なようです。例として、皇室の紋に菊紋や五三桐がありますが、豊臣秀吉の功績をたたえ、五三桐(五七桐 )を授けています。
また、紋付袴の着用等に使われる桐紋も、家紋を持たない一般庶民が使用できる紋となっています。

ep32_01ちなみに関西には現在もある風習として『女紋(おんなもん)』があり、実家の家紋とは異な
る紋を受け継ぐことがあります。入婿により女系相続が行われるためです。代々の『女紋』の数で相当な旧家であるかがわかるのだそうです。
家紋を調べれば、家系のルーツを探ることができるかもしれませんね。